【底面給水順調】いちご苗から花が咲いた!

底面給水で育てているいちご苗から花が咲いたのでお知らせします。

もうすぐイチゴの実ができて食べられるのでしょうか。12月から1月ごろには実ができそうな気がします。

底面給水のいちご苗 スクスク育つ

底面給水で育てているいちごの苗ですが、ちゃんとスクスク育っています。

が、葉の色が濃くてちょっと気になる。↓これでいいのでしょうか?植物を育てた経験が無いのでよく分かりません。

いちご苗の底面給水

ウチにやってきた時は↓このように薄い緑で葉の周りが少し赤っぽい色でした。液肥やりすぎなのかな?でもイチゴ苗用に大塚ハウスをEC0.6に希釈しているのでいいと思うのですが、

いちご 苗

ちなみにイチゴ苗は防虫ネットに入れて育てています。↓

10/25 いちご苗の花が咲いた!

いちご苗の底面給水

10/25にいちご苗を見ると花が咲いていました♪ このあとはいちごの実ができるのでしょうか?

いちご苗の底面給水

ズームすると↓こんな感じ。小さいお花です。

いちご苗の底面給水

ランナーも出てます

茎がニョキっと伸びてランナーと呼ばれる子苗もどんどん葉っぱを出してきて

いちご苗の底面給水

そろそろランナーの茎を切って子苗も独立させようか迷っています。

そうすると底面給水装置が足りなくなるなぁ、

10/30 花 その後 これがもしかして!

夕方いちごの花がどうなったかのぞいてみると↓

いちごの花

花びらの白い部分が小さくなって、逆に黄色い雌しべ?の部分が大きくなった!

コッ、コレが!もしかしてイチゴちゃんかな?

いちごの花

もうすぐ食べられるのかな?楽しみぃ、いちごの花

10/31 子株が成長してきたので底面給水トレーを買った

ランナーで伸びた子株が成長してきて、そろそろ底面給水しないといけなくなってきたので3Dプリンターで作った底面給水鉢はやめて、面倒なく液肥を給水できるようにトレーに給水するようにしてみる。

イチゴの苗を入れているプラステラ105に、育苗トレーを合体させてその下に液肥をためておくトレーを敷いておく。

プラステラ105がぴったり入る育苗トレー↓これにイチゴ苗を入れたプラステラを設置。

ガーデニングトレイ Lがぴったり

育苗トレーは380×472mmほどあるのでそれに合うトレーを探したところ。↓こちらのサイズが横幅は少し大きいけどほぼ入る。

楽天のハンズマンでは594円で売ってますが送料がかかる、ということで近くのハンズマンに買いに行くことにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タカショー GADIS ガーデニングトレイ L GTS-02 (8278288)取寄せ商品 送料別 通常配送
価格:594円(税込、送料別) (2019/11/4時点)

楽天で購入

ハンズマンにもイチゴ苗売ってた

ハンズマンにもイチゴの苗が売ってたので見たところ、濃い緑だった。ウチのイチゴ苗とほぼ同じで育て方間違ってないようで「ホッ」としました。

イチゴ苗

ガーデニングトレイ L 縦はぴったり

イチゴ苗

育苗トレーに入れてみるとかなりぴったり!、ちょっと横幅が広いのですが問題ないでしょう。

イチゴ苗

イチゴ苗が給水忘れてしおれた!泣

イチゴ苗

右上の花が咲いた親株がしおれてしまった・・・

これはヤバい、すぐにトレーに液肥をひたして苗をすべて移動。

ネットに入れて一晩様子を見ます。

イチゴ苗

次の日、無事復活!

翌日、何事もなかったように復活してます。よかった、よかった。

イチゴ苗

11/3 順調に花が咲く

どんどん花が咲いてきましたが、右上の親株のみ花がさきます。

イチゴ苗

他の親株は今年はイチゴの実が成らないのだろうか?

イチゴ苗

11/07 また花が咲きました

やはり右上の親株のみ花がさきます。今年のイチゴの実はこれだけ成るのかな?

イチゴの花イチゴの花 イチゴの花

親株全部の苗でイチゴの実はならないようで残念。

ちょっと調べてみたら秋・冬に咲いた花は実がならない?みたいですが???そのまま様子をみてみます。

人工授精はしないといけないようなので、花の黄色い部分を筆でナデナデしてみます。

冬の間は土の部分に黒いビニールをかぶせてマルチングをする必要があるらしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする