春節で中国人が日本へ沢山来て新たな「かきいれどき」

最近の円安で中国人が日本に沢山旅行に来ていて、以前とは真逆の現象が起きて「時代は変わったなぁ、」と思うこの頃。

今年の旧正月(春節)は2月7日~13日(毎年違う)なのでその頃に中国人が沢山来る時期ですね。

しかしLCCの航空券が20万円に高騰してそれを手にいれてまで日本に来たい?

AM066

以前は中国よく行ってました

自分は円高の時に中国へ、国慶節(10月はじめくらい、旧暦なので毎年違う)の時あたりによく行きました。

ただ、国慶節の日だけは反日記念日のようなものなので・・・滞在先で静かに過ごすか外で日本語を話さないようにしてました。知らない人とのイザコザは好まないので。

国慶節周辺の日にちしか涼しくないし寒くないので国慶節を絡めないと秋は行けない。

中国の北京は冬ものすごく寒くて夏ものすごく暑いので春か秋しか行かないほうが良いです。

9月下旬あたりの20日くらいが丁度秋のような感じで過ごしやすくそれを過ぎると急に寒くなるので居られない。

春も少ししかないけどその頃も良いですね。

今は、PM2.5がひどすぎるのと円安+北京は飽きたので行きません(汗)福岡もPM2.5流れてきてひどいけど。

完全に逆転されちゃった

ただ、今は円安で今度は中国のほうが裕福で潤っている方が多いので、20年も不況な日本とは違って数億人規模の中流家庭が多く、多少日本も助かっているんじゃないでしょうか。

今までは中国人は労働とか移住とか勉強に日本に来ていたけど、今度は日本人が中国に労働や勉強に行く時代になってくるのかもしれませんね。

日本人としては肩身が狭い世の中に変わってきそうで、ますます日本人は外国に行かなくなる予感。

そうすると国内需要に頼りきりの経済になるのでますます日本の貧困化がすすみそうです(TT)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です