【牧のうどん】を食べてみた 良い意味で違和感がある地方の味

福岡はうどん発祥の地

福岡に移り住んで2年でやっと「牧のうどん」を食べてみた(いつも休みだったりオープン前・後だったりで食べる機会が無かった)。「牧のうどん」は関東には無いようで福岡と佐賀にしかないうどんのチェーン店らしい。

普段は丸亀製麺の釜玉うどんがモチモチした食感で好きでたまに食べに行くこともあるけど「牧のうどん」は一度試してみたかった。よく調べてみると福岡はうどん発祥の地らしく蕎麦屋さんと呼ばれるのはほとんどなく うどん屋さんのメニューに「そば」もあるといった感じ。福岡の麺は博多ラーメンが有名だけどうどん発祥の地というのは以外です。まぁ、このあたりの人は(大阪から下?)はそばよりうどんをよく食べるというから福岡からうどんが広がっていったんでしょうね。

牧のうどん 調理場

ただ、そばも普通にスーパーに売ってるし牧のうどんにもメニューに「そば」はあるのでそばも食べる人はいるみたい。

牧のうどん も丸亀製麺と同じように「釜玉うどん」のようなのでモチモチ感が期待できます。

牧のうどん 一番人気の肉うどんを食べてみた

一番人気は肉+ごぼう天うどんらしいけどごぼう天は要らないので肉うどんにしてみた。

注文は注文シートに自分で赤鉛筆で選んでチェックします。麺は固麺・中麺・柔麺と選べます。

僕は肉うどんの中麺を選んだ。550円、替え玉は100円らしいけどコレでお腹いっぱいになるので食べられない。

牧のうどん 肉うどん

牧のうどん 肉うどん

牧のうどん

ダシ汁?と刻みネギも付いている。一味と刻みネギをたっぷりいれて食べてみます。

うどんはモチモチしてすごく美味しいけど・・・スープが甘い・・・ううん。

肉がすき焼きの肉のような甘みがあるのでそのせいかな?

友人は山菜うどん

肉うどんとほとんど同じような麺とスープで上のトッピングが違うといった感じ。

牧のうどん 山菜うどん

牧のうどん 山菜うどん

見た感じは普通のうどん。

スープはサービス

牧のうどん ダシ

牧のうどん ダシ

このようなヤカンに入っただし汁のようなのもうどんと一緒にでてきた。これはなんだろうと思ったらスープらしい。うどんの汁が足りない場合や替え玉を頼んだ場合は入れるみたい。

スープの味は甘くはなく美味しいけど少ししょっぱかった。

福岡に来て初めての味のギャップ

九州の醤油は甘いということを聞いたことがある。げんに20年ほど前まだ東京に住んでいたころ九州へ旅行に来た時 旅館で出た刺し身の醤油が甘かったので九州に来たら関東から醤油を送ってもらうしか無いなと思っていたけど、今 実際に福岡に住んだらそんなことはなく普通に関東と同じように甘くない醤油を売っているので一安心。

今回、福岡に移り住んで牧のうどんで感じたのはスープが甘いということ・・・

今までの40年間くらい関東に住んでただけあって甘い醤油ダシでは食べたことはなく、牧のうどんの甘い醤油ダシに違和感を覚えてしまった。ただ不味くはなく美味しかったのですが、やはり甘く無い方が好み(基本的に甘い物はあまり好きではない)。

外国に行くと激辛とか味が無いとか超グルメとかゲテモノとか違和感満載で楽しいのでこういうギャップは日本では感じたことが無かったので少しだけ嬉しい経験でした。

やはり日本中どこに行っても同じというのは面白味が無いので少しは土地によって違うところがあったほうが楽しいです。

ただやはり丸亀製麺の好きな味です。スンマセン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする